毛穴の開きを治す

特に暑くなってくれば気になる毛穴。ケアをしっかりして綺麗なお肌になりたいですよね。
でもどういったケアをして、どんな化粧品を使えばいいのかってわかりにくいですよね。

ということで毛穴の開きを治すために最適な化粧品の選び方を紹介します!

毛穴の開きを治す化粧品の選び方3つのポイント!





  • 浸透度の高いビタミンCを含んだものを選ぶ

  • 肌を傷めない洗顔料を選ぶ

  • サポートをしっかりしてくれる会社を選ぶ



単純に安いから、高いからだけで選ぶと逆に肌を痛めて、さらに悪化してしまう可能性があります。
綺麗でツルツルの肌であり続けるためにはしっかりと化粧品選びはしましょう!


おすすめの毛穴対策化粧品ランキング


1位 ビーグレン

公式サイトはこちら

ビーグレンだけの持つ国際特許である浸透テクノロジーで毛穴ケアに必要となる成分を肌の奥まで届けてくれます。

無駄な汚れだけを取ってくれるクレイ洗顔、皮脂を抑え、肌の弾力を与えるEXポリリン酸、コラーゲン、ヒアルロン酸を含んだ化粧水、コラーゲンを生み出す補助をするビタミンCを高配合した美容液など肌に贅沢な成分が多く使われています。

365日間の返金保証も効果への自信が高いということでしょう。

公式サイトはこちら

2位 草花木果

公式サイトはこちら

毛穴ケアの定番化粧品。
古い角質をとる酵素を含む洗顔料、毛穴周りをクリアにしてくれる化粧水、ビタミンCの代わりにイソフラボンやフラボノイドなどの美肌成分を含んだ美容液などがあります。

浸透度の部分ではビーグレンに劣りますが、毛穴に悩む幅広い世代から支持を受けている化粧品です。

公式サイトはこちら

3位 フルリクリアゲルクレンズ

公式サイトはこちら

美容皮膚科、美容サロンとの共同開発のクレンジング剤。
肌へ負担を与える成分は出来る限り抑え、美容成分、アンチエイジング成分を贅沢に使用しています。
肌についた化粧品などの汚れを確実に落とし、美容成分を肌に与えてくれます。

無期限の返金保証も付いています。

公式サイトはこちら

4位 ライスフォース

公式サイトはこちら

芸能人ブログなどでも多数紹介される化粧品。

お米のエキスを使っているのはライスフォースだけで保湿という部分ではおすすめの化粧品です。
ただし、ビタミンCが含まれていない点、浸透度が低いところがビーグレンと比べて大きく劣るポイント。

公式サイトはこちら

5位 マナラ ホットクレンジングゲル

公式サイトはこちら

成分の90.4%が美容成分という贅沢なクレンジング剤。

洗浄力の強すぎる石油系界面活性剤も使わないので肌への負担も少なくなっています。
肌に浸透しやすい油溶性ビタミンCを配合しているので肌への栄養補給もバッチリです。

公式サイトはこちら




浸透度の高いビタミンCを含んだものを選ぶ!



ビタミンCのもつ役割はコラーゲンを生成させることです。
コラーゲン=美肌というイメージが有るように、美肌にはコラーゲンが欠かせないものなのです。
じゃあ直接取ればいいのでは?と思ったのですが、外部から摂取するコラーゲンでは一時的に凌げても、
毛穴の悩みを解決する根本的な解決にはなりません。

根本から毛穴の開きなどの悩みを解決するにはビタミンCを与えてあげる事で
自分の体からコラーゲンを創りだして上げる必要があるのです。
とはいえビタミンCは肌に浸透しにくい特徴があるため浸透度の高いものを選んで上げることが大事です。


肌を傷めない洗顔料を選ぶ



毛穴の開きを治したいと思って洗浄力の強い洗顔料を選びたくなります。
けれども、洗浄力の強い洗顔料はかえって肌を傷つけ、角質を固くしてしまう原因となってしまいます。
開きを改善していくためには適度な洗浄力で肌自体を傷つけない洗顔料を選ぶのがポイントです。


サポートをしっかりしてくれる会社を選ぶ


いろんな化粧品を販売しているメーカーがありますが、高いけど売りっぱなしというところがほとんどです。
しかし、数社はスキンケアのカウンセリングを無料で行なってくれる会社も存在します。

返金保証が付いているというのも自信があることという現れではありますが、
それ以上に使う人、一人ひとりに適切なケアをしてもらえるほうが大事です。
肌のケアは正直それなりにお金もかかるものなので購入後のサポートまで見ておくとより良い結果が出ると思います。